毛穴の原因と肌ケア方法

毛穴の原因と肌ケア方法

皮脂は、肌に皮脂膜を張ることにより潤いを防いで、外の刺激から肌をガードする役割を持っていますが、皮脂が多いとテカテカし、古い角質と皮脂とが混合し毛穴に詰ります。

角質層のガード機能が悪化すると「にきび」の元に。

※反対に皮脂をきにするあまり、皮脂を除去しすぎは危険。

肌に皮脂膜を張ることにより潤いを守って、外からの刺激から肌をガードするという役割があり、
除去しすぎは、肌を守ろうとして皮脂が過剰分泌してしまいます。

実は私は毛穴が気になり、ひたすら毛穴の手入ればかりして逆効果だったことが。
例えば毛穴の汚れを除去するために、力をいれてこすったり、パックを過剰にやったり・・・
これでは悪くなる一方。

悪い例を元に、経験を踏まえてご紹介します。

○過剰に毛穴対策しすぎる事

必要以上に皮脂を除去すれば、なおさら皮脂分泌が過剰になります。
⇒皮脂分泌できなくなって潤いがなくなり、カサカサに。

こんな過ちが起きぬよう、日常の肌ケアが重要なのはもちろん、なかなか気にしていても、にきびが出来てしまうことはよくありますので、出来てしまったときは、自分の肌ケアが不足し、ケア改善の糸口が出来たと割り切りじっくり肌ケアすることが一番。

この毛穴に汚れが詰まる原因は、下記の原因が多いです。

○皮脂の過剰分泌
○年齢
○洗顔不足

2009年8月20日||トラックバック (0)

カテゴリー:美肌, 美肌

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bunburyodo.com/mtos/mt-tb.cgi/206