あごにハリを与えるエクササイズ

あごにハリを与えるエクササイズ

フェイスリフトをして、あごにハリを与えましょう。あごのたるみは顔全の印象に大きな影響を与えるものです。

フェイスリフトといっても美容整形をするということではなく、自分で、フェイスリフト運動をするということです。

フェイスリフト運動によって、あごにハリを与えることができます。

まず、自分の顔を見ながら練習するので、口元が見えるように鏡の前に行くか、手鏡などをを用意しましょう。
手順は以下のようなものになります。

1、おもいきりイーッと口を横に広げる。
2、この時、下の前歯がズラッと見えるようにします。
3、下唇を下の前歯の根元まで下げるつもりで行う。
4、口角のはじを気持ち上に上げるように力をいれます。1,2,3。
5、そして力を抜きます。
6、イーッとひらいて、1,2,3と少し持ち上げて「ふーっ」とリラックス。
7、1,2,3と力を入れる時、口角下の筋肉が動くのを感じる。

フェイスリフトに必要な口角の下の筋肉をきたえるのです。

口角下の筋肉がおとろえると、口がへの字になりやすく老け顔に見えてしまうのです。自分では意識してないだけに恐ろしいですよね。

最初は筋肉痛になるかもしれませんが、それは筋力が弱っていたという証拠です。

2009年8月29日||トラックバック (0)

カテゴリー:若返り, 若返り

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bunburyodo.com/mtos/mt-tb.cgi/204