二重まぶたを自宅で自分で・・・

二重まぶたを自宅で自分で・・・

二重にする方法も沢山ありますし、日本でも二重まぶたの整形ぐらいでしたら、けっこう気軽に行われるようになったといえるのではないでしょうか?

女の子ならばだれもがあこがれる二重まぶたですので、二重整形をしたいと思っている人は結構多いと思います。

ただ整形だとすいきなり二重になるわけですから、世間的にはぱればれで、やっはりちっと勇気がいりますよね。

また費用的にも両目で10万円前後はかかるといわけていますから、安くはありません。

そういうことで、美容整形無しに、自分で二重にするという方法が商品として、いくつか出ていて、人気になっているようです。

これで徐々に二重になったら・・

自分で、二重にしたんだよとか・・徐々になってきたんだよ・・・と言えれば、世間体も悪くはないですしね。

二重まぶたにする美容整形はあまり抵抗がなくなっている?

プチ整形が人気ですが、日本でも韓国並みに今後美容整形に抵抗感がなくなる時代がくるのでしょうか?

 

プチ整形といえば、二重まぶたにする美容整形が頭に浮かびますね。

 

二重まぶた美容整形にも、種類があって、埋没法のように、切開しないより簡単な美容整形もありますし、メスを使って、まぶたを切開する切開法もあります。

 

また、二重まぶたにする方法自体も、美容整形だけでなく、アイプチなどの二重にする化粧品などもありますね。

 

また自力で二重にする二重まぶた形成器なんておもしろい商品もでています。

 

いきなり二重整形をしなくとも、このようなコストのかからない、またリスクの少ない方法で、二重まぶたに挑戦してからでも遅くはないのではないかと思います。

 

特に注意してほしいのは、二重整形の埋没法は、簡単に元に戻せますが、切開法は簡単にもとにもどす事はできませんので、それなりの覚悟も必要になると思います。

パッチリおめめにするには・・・

パッチリ二重の目はとても魅力的です。

 

二重まぶたにする方法自体は色々とありますね。

 

化粧品で手軽に一時的に二重もありますし、二重まぶた形成器というような、自力で二重まぶたグッズなども登場しています。

 

ただし、確実に二重にするには、埋没法や切開法などの二重整形が必要になります。

 

また同じ二重にしても、ラインだけできても、必ずしもパッチリのお目目に成るわけではありません。

 

上瞼に脂肪がたまっているひとは、ラインだけつけても、まぶたが大きく開きませんから、その場合、瞼の脂肪吸引が必要になります。

ライン自体つけるのはこんなんですが、仮についたとしてもラインができても、腫れぼったい瞼では、あまり二重の効果はなく、かわいくは見えませんからね。

 

この場合、やはり切開法による二重整形のほうが確実パッチリお目目にすることができると思います。

関連ページ

現代の最先端の若返りのための美容整形とは
脱毛、ダイエットや美容整形でシワやシミを消し、若返ったり、二重や小顔に整形したりなど美しく若返るためことをテーマにお届け、ボトックスや最新の血小板治療などの話題も取り上げます。
サーマクールについて知る
脱毛、ダイエットや美容整形でシワやシミを消し、若返ったり、二重や小顔に整形したりなど美しく若返るためことをテーマにお届け、ボトックスや最新の血小板治療などの話題も取り上げます。