毛穴の原因と肌ケア方法

毛穴の原因と肌ケア方法

皮脂は、肌に皮脂膜を張ることにより潤いを防いで、外の刺激から肌をガードする役割を持っていますが、皮脂が多いとテカテカし、古い角質と皮脂とが混合し毛穴に詰ります。

角質層のガード機能が悪化すると「にきび」の元に。

※反対に皮脂をきにするあまり、皮脂を除去しすぎは危険。

肌に皮脂膜を張ることにより潤いを守って、外からの刺激から肌をガードするという役割があり、
除去しすぎは、肌を守ろうとして皮脂が過剰分泌してしまいます。

実は私は毛穴が気になり、ひたすら毛穴の手入ればかりして逆効果だったことが。

例えば毛穴の汚れを除去するために、力をいれてこすったり、パックを過剰にやったり・・・
これでは悪くなる一方。

悪い例を元に、経験を踏まえてご紹介します。

○過剰に毛穴対策しすぎる事

必要以上に皮脂を除去すれば、なおさら皮脂分泌が過剰になります。
⇒皮脂分泌できなくなって潤いがなくなり、カサカサに。

こんな過ちが起きぬよう、日常の肌ケアが重要なのはもちろん、なかなか気にしていても、にきびが出来てしまうことはよくありますので、出来てしまったときは、自分の肌ケアが不足し、ケア改善の糸口が出来たと割り切りじっくり肌ケアすることが一番。

この毛穴に汚れが詰まる原因は、下記の原因が多いです。

○皮脂の過剰分泌
○年齢
○洗顔不足

美肌を阻害する悪玉菌に注意したい

美肌にするには、美肌を奪うものを駆逐することも大切ですね。

 

たとえば、便秘の悩みが有る場合は、腸内環境を整えないと、いくら美肌に必要な栄養素を摂取したり、美肌にするための化粧品などを使ってもだめなのです。

 

何故ならば、便秘の状態になると、腸内の悪玉菌が増え、それが出す毒素がどんどんたまり、排便によってだされないため、血管やリンパ管から吸収されてしまいます。

 

その毒素が体中に巡り、肌を荒らしてしまう毒素となります。

 

それだけ便秘ははだの大敵ということなのです。便秘の解消が若返り老化対策にもなるのです。

 

アトピーで悩んでいる人も、実は腸内環境を整え、便秘を解消するだけで、アトピー性皮膚炎が改善することもあります。

 

是非肌だけでなく、お腹の調子についてもケアするようにしてください。

悪玉菌を減らすには、とにかく乳酸菌がおすすめです。

 

ヨーグルトだけでなく、植物性乳酸菌もとりましょう。たくさんの種類の乳酸菌をとることで改善します。

 

1種類だけではあまり効果がありません。

関連ページ

顔全体のたるみを解消する
脱毛、ダイエットや美容整形でシワやシミを消し、若返ったり、二重や小顔に整形したりなど美しく若返るためことをテーマにお届け、ボトックスや最新の血小板治療などの話題も取り上げます。